≫ KENのプロフィールに興味ある方がもしもいるなら!

日本で新卒就職する意味(メリット)とは?

就活
スポンサーリンク

こんにちは!

KENです。(@ken_0205_jp)

 

最近は就職活動の時期ですね。

私も20年卒なので、就職活動をしています。

 

就職活動をしていると、こんな人に出会うことがあります。

 

新卒で就職する意味(メリット)ってなんだろう?

新卒就職せずに、フリーランスになろうかなー

 

僕は日本の新卒採用制度(新卒一括採用)にわりと賛成、というか1大学生としてとてもありがたい制度だなと思っています。

 

ということで今回は、日本で新卒で就職する意味(メリット)についてまとめます。

 

日本の新卒システムが良いか悪いかという議論ではなく、学生にとって何がありがたいのかをまとめています。

 

まとめるにあたって、社会人の大先輩たちのツイートもいくつか引用させていただいています。

スポンサーリンク

①学生が大学時代に好きなことに熱中できるから

まず前提として、日本で就活を行う場合、学生のポテンシャルを評価してくれる企業が多いように感じます。

特に文系の場合は、その傾向が高いと思います。

 

もちろん、日系企業なのか外資系なのか、また総合職なのか専門職なのかによって大きく異なります。

中でも日系企業の総合職を受ける場合、その時点での専門スキルや学業成績よりは、過去に熱中した経験などから、私たちのポテンシャルを評価してくれているように感じます。

 

これは、やりたいことが明確に決まっていなくて、学生時代に勉強以外の色々なことに挑戦したい学生にとってありがたいことだと思います。

 

私が去年マレーシアに留学に行った際に感じたことがあります。

それは、みんな就職のために学業成績(特にGPA)を上げることに追われ過ぎている。

そして就職のために、そんなにやりたくもないインターンシップに無理やり行っている。

 

やはり日本以外の多くの国ではポテンシャルではなく、今すぐにその学生が使えるのかどうかを判断するようなので、上記のようになるのは自然な流れ。

特に長期インターンシップで結果を出しているかどうかなどは、日本以外の国ではとても重要なようです。

 

アメリカとマレーシアの採用の様子

 

もちろんこれが一概に悪いこととは言えません。

学生が必死に勉強するのは当たり前ですし。。会社側が即戦力を取りたいのは当たり前のこと。

 

しかしこれは、学生側の目線からすると

自分が本当にやりたいことを見つけるために時間を注ぐことができない、ということになりかねません。

 

一方で、日本の多くの学生の場合は

・自分が将来何をやりたいのかを、4年間様々な経験を通じてじっくり考えることができる。

・成績が多少悪くても、長期インターンシップの経験が無くても、他の経験からポテンシャルを感じてもらえたら採用していただける。

 

つまり

「学生が大学時代に好きなことに熱中できる」

 

これは学生目線からすると、日本の今の就活システムはありがたいのではないでしょうか!!

 

②大学の専攻に関係なく、将来の選択肢を選べるから

先ほどのポテンシャル採用という話とつながりますが、日本で就活をする場合は、大学時代の専攻がとても重視されるということはありません。

 

コンピューターサイエンス専攻の学生でも営業職や企画職に応募して採用されることが普通にありますし、社会学専攻の人が独学でエンジニアとして採用されるということもあります。

 

大学の専攻に関係なく、将来の選択肢を自由に選べるということ

これは日本にいるとわりと当たり前だと思いがちですが、実はこれは日本がだいぶレアケースなようです。

 

アメリカやフィリピンの場合

 

このように日本以外の多くの国では大学の専攻である程度仕事が絞られてしまうのです。

 

一方で日本は学部に関係なく、幅広い仕事を選ぶことができます。

 

僕はエンジニア職としてまず日本で働きたいなと考えています。

そんな僕の専攻は商学部、つまりビジネスです。

日本で就活をする場合は、独学さえすれば文系からでもエンジニア職に就ける可能性があります。

 

このように大学の学部に関係なく、仕事を選べること。

将来やりたいことの方向性が、自分の専攻から離れてしまう人にとってはとても良いのではないでしょうか。

 

これが日本で新卒就職するメリットの2つ目、「大学の専攻に関係なく、仕事を選べる」です。

スポンサーリンク

まとめ

日本の新卒就職制度を利用すべき理由は次の2つ

①学生時代、好きなことにとことん熱中しても問題ないから。

②将来の仕事の選択肢が、大学の専攻によって縛られることが少ないから。

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

KEN
KEN

また次回!!

スポンサーリンク

コメント