≫ KENのプロフィールに興味ある方がもしもいるなら!

留学5か月目で2回目の警察へ。。-身を守るためのアドバイス

旅 inマレーシア

 

今回の記事を読んでいただきたい方。

↪東南アジア旅行をされる予定の方
東南アジア 軽犯罪 スリ
検索

 

財布をすられないためには??
財布をすられたときの対処法は??
万が一財布を紛失しても大丈夫なためのリスク分散??

 

この3本立てで書いています。

 

*この記事は2分で読めます。

 

 

前回の記事で書いた通り、10月の中間休みを使ってマレーシア東半島のサバ州のコタキナバルというところに旅行に行ってきました!

 

 

時間通り1日目は、朝11頃に到着し、そのままシーフードが美味しいという店へ!

昼からビールとシーフードという最高の時間!!!

 

その後、博物館やビーチを周り、キナバル公園に移動しようとしていた17時頃、僕たちは地元のショッピングモール(Center point Sabah)をうろうろしていました。

 

 

さあトイレも済ましたし、Grabも呼んだ。

 

 

あとはショッピングモールの外で、Grabを待つだけだ!

3分ほど待ち、近くに車が来たようなので、地図を基に探す。
車が見つかりました!

 

 

乗り込んだ瞬間、、

 

 

友達の一人が何かに気づいた。。

 

「リュックの前ポケットのチャックが開いている。。なんで。。あれ!??。。財布がない。。。。」

 

財布がなくなっていました。

 

みんなでショッピングモールや歩いた道を探すがない。

もともとチャックは確実に締めていたのに。なぜ??

 

 

 

ここからは仮説ですが、ほぼ当たっていると思います。

 

Grabを呼ぶ前にその友達はトイレに行ったのですが、そのトイレは入場に30セント必要なトイレでした。(マレーシアあるある)

 

彼は財布をリュックの前ポケットから出して、コインを出すために財布を広げていました。

 

 

おそらくこの時にターゲッティングされていたのでしょう。。

 

周りに怪しそうな人も今思えばたくさんいました。

 

そして外に出て歩道で車を待ちながら携帯を触っているときにさーーっとすられたのでしょう。

 

 

ここで財布をすられないためには??

↓↓↓

1. 財布はリュックの奥の方に入れておく、もしくはズボンのポケット(めっちゃ取りにくいようにするか、触られたら絶対気づく場所にする。)

 

2. 人が多いところで財布は開かないようにする。ターゲッティングされる危険があります。

 

 

 

次に、財布をすられた、もしくは無くしてしまったときの対処法

 

まずは近くの警察へ行く。(取られた、無くした場所や財布の中に入っていたものを聞かれます。)

現金などは海外保険でも盗難の保証外となっていますが、財布が見つかる可能性や財布自体の保険金をもらえるように警察はとりあえず必ず行きましょう!

 

次にクレジットカード会社へ電話してカードを利用停止にしましょう。

 

とりあえずすぐにできることは、この二つです。免許証や学生証などは後で対処でも大丈夫ですが、クレジットカードやデビットカードなどは迅速に対応しましょう。

 

 

財布を無くした場合の対処法。

↓↓↓

1. 警察へ行って被害届を出す。そして事故証明書をもらう。

 

2. クレジットカード会社へ連絡し、カードの利用を停止する。

 

最後に万が一 財布を無くした時を想定してのリスク分散について

 

僕たちを苦しめた事実、

 

それは財布を盗られた彼が、現金・カード全てを一つの財布にまとめてしまっていたことでした。

 

一つの場所に全てを保管していると、そこが潰されてしまえばお終いです。。。

 

なので最後のポイントとして言いたいことは、

 

リスクヘッジ
   ↓↓↓
1.現金・カードは必ず2か所以上に分散しておく。例えば、手持ちの現金の内半分を財布に入れてポケットに入れておく。そして半分は防水パックに入れてリュックの奥に入れておくなど。。治安がやばい国では靴の中とかにも。
2.旅行前にクレジットの連絡先を控えておく。国内番号だけでなく、海外デスクも。

 

では最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

僕はマレーシアに来てから本当に様々なトラブルに巻き込まれてしまっているのですが、みなさんは何事も起こらずに旅行、留学が終えることができることを願っています!!

コメント