≫ KENのプロフィールに興味ある方がもしもいるなら!

東南アジア旅行に必要なアプリGrabとは?

旅 inアジア

こんにちは!KENです。(@ken_0205_jp)

 

今回の記事を読んでいただきたい方

・東南アジアに旅行する予定のある方

今回は東南アジアに旅行や留学する際に絶対にあった方が良いというアプリを1つ紹介します!

それはズバリ!Grabです!!

ぜひ、旅行前にインストールし、アカウントを作ってみてください!

GrabCar Driver Signup – Private Hire Car Driver | Grab MY
Join Grab as a private hire car driver and get exclusive driver benefits. Be it a full-time or part-time driver, the choice is yours. Find out more here.
Grab - Transport, Food Delivery, Payments - Apps on Google Play
Grab is Southeast Asia's #1 ride-hailing app, food delivery service, and cashless payment solution all in one. With the new Grab app, you'll get the most conven...

 

スポンサーリンク

Grabとはどのようなアプリか?

ヒントはUberと同じようなアプリ。

 

そうです。

配車サービスのマッチングを行うアプリです。

 

簡単に言うと

 

空き時間に自分の車でタクシーの仕事をしたいという人 🚶+🚘

そして

今自分がいる場所の近くにいるタクシーをはやく呼びたいという人🗣️

 

をマッチングさせるアプリです!!

 

自分がいる場所、そして目的地を入力してボタンを押すだけで、アプリがドライバーを探してくれます。

UberとGrabが世界で有名なアプリですね。

 

これらの配車サービスアプリを使う利点とは??

4つあると思います。

 

1. マッチング成立の時点で、価格も決定されるのでぼったくりの心配がない

2. 通常のタクシーに乗るよりも安くなる場合がほとんど

3. タクシーを探す手間がかからない

4. 一切喋らなくても大丈夫だから、言語の壁があっても心配なし

 

いいことずくしですね!

 

ちなみにUberは、

北アメリカ、中南米、ヨーロッパ、中東、アフリカ、アジア(日本、韓国、台湾)、オセアニアの多くの国で使えます。

しかし都市部しか使えないなど、日本の様に制限されている国もあります。

 

そして、Grabは、東南アジアのみで勢力を広げているアプリです。

インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナム、ミャンマー、シンガポールで使用可能です。

 

これらの国では、元々 UberとGrabが競争を繰り広げていたのですが、

Uberが東南アジア事業から撤退し、その全てをGrabが引き継ぐことになりました。

 

なので、現在東南アジアの上記の国ではGrabのみ使用可能です!

 

試しにマレーシアのクアラルンプール近くでUberを開いてみましたが、下記のような画面が表れ、使用できませんでした。

Uberは日本でも使えるので、インストールしている方が多いと思います。

 

しかし東南アジアではGrabしか使えないので、ぜひインストールしてアカウントを作ってから出発することをおすすめします!

 

私もマレーシア、シンガポール、タイで使用しましたが本当に使い心地が良いです。

タイでは、バイクも呼ぶことができました!

車よりも安いので、1人旅の方などにおすすめですね😌

 

 

さてここまで、出発前に日本でアカウントを作ることを強調させていただきましたが、なぜでしょう??

 

なぜ旅行前にアカウントを作るべき?

それは、アカウントを作る際に、自分の携帯電話番号を登録し、SMSで送られてくるコードを入力しないと使えるようにならないからです。

 

多くの人は、海外旅行中 Wifiのみで生活すると思います(もしくは電話番号なしのsimカード)。

 

つまり

海外旅行中はSMSを受信することができないので(海外ローミングすればできるが高い😣)、アカウントを作ることができないのです。

 

*SMSは、Wifiのみの環境では受信できません。

 

結論

東南アジアへ向けて出発する前、

つまり日本にいる間にGrabをインストールし、アカウント登録を完了させておきましょう!

 

*現地で電話番号付きのSimカードを購入する方は現地についてからインストールしても大丈夫です

 

KEN
KEN

では最後まで読んでいただきありがとうございました!!

みなさんの旅行、留学が最高のものになることを願っています!

 

スポンサーリンク

コメント