≫ KENのプロフィールに興味ある方がもしもいるなら!

マレーシア留学はコスパ最強説

マレーシア留学

こんにちは!

KENです!(@ken_0205_jp)

 

今回はマレーシア留学の費用対効果はどうなのか?という点についてお話していきます

 

今回の記事を読んでいただきたい方

留学先の国をどこにするか迷っている。

 

今回の記事の目的

マレーシア留学ってコスパ最強だよと伝える。

 

*今回の記事では

大学正規進学、または1年間の交換留学に焦点を当てています。

 

スポンサーリンク

費用

まずコスパを図るためには費用を知らないといけませんよね。

大きく3つの項目で費用を見ていきましょう。この3つの項目は国によって大きく差が出る項目です。

 

日本からの航空券

大学の学費

現地での生活費

 

*留学エージェント費用に関しては、どこの国を選んだとしても基本同じ程度かかります。会社によって値段はもちろん変わりますが。

 

日本からの航空券


 

東京からクアラルンプールまでの片道航空券がだいたい2万円から3万円台です。

 

・帰りたいときに気軽に帰省しやすい。

・緊急時にもすぐに帰れる。(日本から7時間)

 

大学の学費

私立大学の場合を例にとっていきます。

例えば、現在僕が7カ月間通っていたSunway Universityで文系の場合、年間の学費が90万円~100万円前後です。

 

だいたい日本の私立大学の水準と同じか少し安いぐらいと思っておいてください。

 

ただ3年で学位をとれるのが基本なので、日本より1年間早く、そして1年間分の学費が安くなる可能性もあります!

ただ英語力が足りないと直接学部コースに入れず、まずは英語コースに行かないといけなかったりするので、英語は最低限必ず必要です。

 

英語力足りなかったら、5年ぐらいマレーシアにいないといけなくなるので、コスパあんまりよくないです。。

 

学費は以下のサイトや現地の学生の話を基にしています。

 

Sunway Universityにはいろんなコースがありますよ。

マレーシアでも有数の名門私立らしい。

 

現地での生活費

家賃・食費など、現地での生活費も国によって大きく変わりますよね。

ここも重要なポイントです。

 

日本や日本と同じレベルの経済レベルの国だと1カ月独り暮らしをすると、10万円以上はかかります。

一人暮らしの生活費について教えて! 初期費用や固定費の内訳・節約について解説します。 | 教えてAGENT
一人暮らしでかかる出費はいくらか、他の人はどのくらいの生活費で過ごしているのか気になる方も多いでしょう。今回は一人暮らしでの生活費と、毎月の出費を抑えるコツについてご説明します。

 

しかしマレーシアは日本との物価の差が大きいためもっと安い!

結論、家賃等全て合わせて6万円あれば暮らしていけます。

 

費用だけで見れば

「日本の国公立大学に実家から通う」というのがもちろん最安ですが、今回は費用対効果に焦点を当てていますので、次にマレーシア留学で得られるものについて説明していきます。

 

スポンサーリンク

得られるもの

語学力・コミュニケーション能力

マレーシアの大学はほぼ全ての科目が英語で行われます。

インターンシップなども英語だけでできます。

 

なので英語力は必ず向上します。

 

そして中華系の人がマレーシアにはたくさんいるので、中国語力も求めれば付きます。

 

多様な文化に対する理解

これがマレーシア留学で一番得られるものだと思っています。

マレーシアの特徴として多民族国家(マレー系、中華系、インド系など)というポイントが挙げられます。

 

でも他の多民族国家(アメリカなど)より、マレーシアはよりカオスです。

 

上のツイートで書いている通り、マレーシア人という共通意識はあるものの、民族によって言語・文化が全然違います。

マレーシアに住むだけで、主に3つの国の文化を同時に体験できるのです。

 

多様な文化に対する理解がどんどん進みます。

特に単一民族国家の日本とは全然違うのでめっちゃ良いです。

 

多様なバックグラウンドを持つ友人

マレーシアには多くの国からの留学生が集まっています。

隣国の韓国や中国の子もたくさんいますし、インドネシア・パキスタン・インド辺りの子も多いです。

 

意外だったのは、アフリカからの留学生がけっこう多いこと。

また、日本では友達になっていないようなタイプの日本人もたくさんいるかと思います。

 

こういった日本の大学だけでは出会えないような人たちと出会えます!

 

実践力

マレーシアの大学の授業内容は、日本の大学よりも実践的なものが多いです。

例えば、ディスカッション・プレゼンテーション・ビジネスプランの企画などです。

 

また卒業要件に一定時間以上のインターンシップを求めるところもあったりと、とにかく実践的な力が身に着けやすい環境です。

 

これら4つがマレーシアで得られるものです!

日本の私立大学の学費より少し安く、月々の生活費も日本より安い。

でも、こんなに多くのことを得られる。

なんてコスパがよいのだ!!

 

ホントのコスパを追い求めるなら

お金について1つ注意して欲しい点。

マレーシアはたしかに物価が安いから、生活費も安い。

でもそれは日本円を稼げる人の視点。

 

現地の給料はマレーシアの物価水準の額ですよ。だから時給300円とかです。

 

だから本当のコスパを追い求めるなら、

返済不要の奨学金(日本円)をゲットする

オンラインで日本円を稼げるスキルを身に着ける(ブログ運営・プログラミングなど)

がおススメです。

 

これらのスキルを引っ提げてマレーシア留学をすれば、ホントにコスパ最強になります。

 

以上です。

KEN
KEN

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

コメント