≫ KENのプロフィールに興味ある方がもしもいるなら!

マレーシア人の英語リテラシーは高い?

マレーシア留学
スポンサーリンク

 

こんにちは!KENです。(@ken_0205_jp)

 

今回の記事ではマレーシア人の英語能力はどれぐらいなのか?について自身のマレーシア留学の経験とデータを元に書いていきます。

マレーシア人 英語
検索

 

今回の記事を読んでいただきた人

①マレーシア留学に興味があるが、英語が伸びるのか心配な人。
②英語留学に興味があるが、まだ国は決めていない人。

 

今回の記事のポイント

①の人の心配を取り除きます。
②の人にマレーシアという選択肢を与えます。

 

 

マレーシア人全体の英語能力

まず結論全体としてマレーシア人の英語能力は高いです。

特に都市部・観光地ではほとんどどこのお店でも英語が通じます。

 

タイのバンコクに行った際の話ですが、僕はコンビニやドラッグストアで目薬を探していました。

3店舗ほど行ったのですが、そのうち2店舗では英語が話せる店員を呼んでくるから待ってね。と言われました。

 

マレーシアでは大抵どの店員に英語で話しかけても対応してもらえるので、タイで驚いたと共にマレーシア人の英語リテラシーの高さを再認識する出来事でした。

 

日本よりも英語力はるかに高いですね。。

 

そしてそれはデータでも示されています。

上のデータは2018年のデータです。

 

これによるとマレーシアの英語能力は世界88か国(英語圏は除く)の中で22位!

アジア圏の中では、シンガポール・フィリピンに続き第3位です!

 

ちなみに日本は全体で49位。アジア圏では11位です。。

 

なぜ英語力高いの?

マレーシア人の英語力が高い理由として、昔イギリスの植民地だったからなど様々な理由がありますが、一番の理由はマレーシアが多民族国家だということです。

マレーシアには大きく3つの民族がいます。

全体の民族構成比率を見てみると、マレー系が約69%、中国系が約23%、インド系が約7%です。

 

そして民族ごとにそれぞれの母語があります。

マレー語、中国語、タミル語など。

 

これらの民族がお互いに共存していくためには、何か共通言語が必要で、それが現在マレー語と英語になっているのです。

 

グループごとに見ていこう

全体としてマレーシアの英語力の程度が分かったかと思います。

 

しかし、英語能力の程度はやっぱりマレーシア人の中でも人によって大きなばらつきがあります。

 

やっぱり教育が大事だということを実感します。

 

ここからは留学する際に関わるであろう3つのグループごとに英語能力をまとめていきます。

①大学の生徒

②会社の人

③街でお店・レストランなどをやっている人

 

スポンサーリンク

 

大学の生徒

大学に通っている子たちの英語能力は総じてとても高いなと思います。

それもそのはず。マレーシアの大学、特に私立大学は全ての授業を英語で行うので。

 

自分の留学先 Sunway University(私立大学)も全て英語での授業でした。

また、大学に入学できるという時点で、家庭がそれなりに裕福で高校まで良い教育を受けることができた子が比較的多いです。

 

なので英語の勉強も小さい頃からずっとしてきた子、International Schoolに通ってずっと英語で授業を受けてきた子などが多いですね。

 

つまり大学の授業内では完全に英語が共通言語化されているので、英語が通じるかな?という心配は無用です!

 

会社の人

留学を考えている人の中には、現地でインターンシップをすることを考えている方もいるかもしれません。

 

自分もマレーシアの現地企業でインターンシップを行いました。

従業員6人の小さな中小企業なので、最初は英語だけで大丈夫かな?という不安もありましたが、全く問題ありませんでした!

 

やはり会社内でも様々な民族が協働でしていますし、英語は共通言語として存在しているようです!

 

マレーシアの会社の従業員は

ほぼ全員英語が話せる +

中国語を話す人、マレー語を話す人、タミル語を話す人、そしてたまに日本語や韓国語を話せる人もいるのでグローバル化の流れの中ではかなり強いと思います!

 

街でお店・レストランをやっている人、タクシードライバー

この人たちも留学生が関わる機会が多いでしょう!

 

冒頭で話した通り、英語が伝わるので問題ありません。

ただ、たまに全く話せない人もいます。

 

大学にいる子たちと比べると、街中にはもっとたくさんのバックグラウンドを持っている人がいるので、アクセントや文法の違いに戸惑うことがあるかもしれません。

 

しかし、英語で話しても何一つ嫌な顔をせずに対応してもらえる場合がほとんどなので、がんがんいっても大丈夫です。

 

*日本人は中国系マレーシア人と顔が似ているので、中国語で話しかけられることが多いかと思います。

ここで少しでも中国語で会話ができたら一気に距離が縮まりそうですね!

なので、中国語を少し勉強しておくのもおススメですよ!僕は数字しか分かりませんが、、

 

最後にマレーシア英語の特徴について

マレーシア英語はアメリカやイギリスの英語と比べると鈍りが強いです。

 

語尾に強調のLahという言葉を付け加えたりしますし、文法が崩れていてもあまり気にしません。

 

この動画を見ていただければマレーシア英語の雰囲気についてすぐに掴めるかと思います!

 

あと大げさに訛りを表現するとこんな感じにもなります。

 

マレーシアで話されている英語はシンガポール英語とだいたい似たような感じです!

 

以上。

マレーシア人の英語リテラシーに関してでした。

 

スポンサーリンク

コメント